家庭でできる低価格で簡単クッキング

特別な材料は使わない、家庭でもすぐに作ることのできる簡単な食事やおやつのご紹介です。

ボウル一つで作ることのできる「ヨーグルトビスケット」

 

ヨーグルトビスケットを作ろう(所要時間30分)

 

材料(5㎝くらいの型で約25枚分)

  • プレーンヨーグルト(水切り無し)50ℊ
  • 砂糖              45ℊ
  • 薄力粉             110ℊ
  • 片栗粉             20ℊ
  • サラダ油            20ℊ

 

使用する調理器具(本日の洗い物)

  • ボウル
  • ホイッパー
  • めん棒
  • クッキー型(必要に応じて)
  • 天板

 

使用する調理家電

  • オーブン
  • キッチンスケール

 

手順

  1. ボウルにプレーンヨーグルト、砂糖を入れてホイッパーで混ぜる。

  2. 1に数回に分けて薄力粉と片栗粉を入れながら混ぜ、こねながらひと塊にする。

  3. オーブンの予熱を始める。(160~170℃)

  4. 2の生地をめん棒で伸ばしてお好みのクッキー型で型抜き(または包丁でカット)をし、オーブンシートを敷いた天板に並べてオーブンで焼く。(13~15分)


    出来上がり。

     

食感は少し硬め

サクサク感を出すために「片栗粉」を使用しましたが、食感としては「ポリポリ」という方が正しいかもしれません。

 

焼き菓子は1日置いた方がおいしい

クッキー、ビスケット、パウンドケーキなど、手作りのお菓子は「できた日」ではなく、「翌日」の方がおいしいです。

バターの風味がお菓子全体に行き届き、できたその日よりも風味が強くなります。

出来上がったばかりのお菓子ももちろんおいしいですが、翌日に同じものを食べると「お店で買ってきたものみたい。」と感じることもあるほど。

自宅で焼き菓子づくりをしたらぜひ、「出来上がったばかりの焼き菓子」「翌日の焼き菓子」の両方を食べて見てくださいね。

(湿気や傷みなどには気を付けて保存してくださいね。)

 

さいごに一言今回は、基本的にワンボウル+小物調理器具で作ることのできるビスケットのご紹介でした。サラダ油をバターに変えることで、バター風味が加わりさらにおいしいビスケットに仕上がります。(乳アレルギーの場合は使用を控えてください。)

当サイトは、「簡単」「材料費は安く」「洗い物はなるべく少なく」作ることのできるおかずやおやつのご紹介をしています。
今後も気ままに更新させていただきます。